sikanosuke6’s blog

引き寄せ・潜在意識・宇宙の法則……その他こんなこと、あんなこと

『ほうとう』を煮込むのには、大きめの鍋よりメガネが必要だった話

2月も終わろうとしています。

 

三寒四温とはよく言ったもので、ときどき冬に後戻りしながらも

ちょっとづつ春が近づいてきましたね。

 

f:id:sikanosuke6:20210225081327j:plain



余談ですが、三寒四温と言う言葉、今でこそまさにこの時期にふさわしい言葉として使われていますが、本来は中国からきた言葉で冬に用いる言葉だったようです。

 

 

f:id:sikanosuke6:20200410123816j:plain

 


こんにちは。

ツッコミ大好き、好奇心旺盛の鹿之助です。

 

 

今月の初めごろ、スーパーマーケットの食品売り場を物色していたら、

ほうとうが目に止まりました。

ほうとう』というのをご存じない方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

あの、うどんをやけに太く(どちらかと言うとデカく)したような麺です。

山梨県の郷土料理なのだそうです。 

 

名古屋のきし麺より厚みがあり、幅も少し太い感じ。

 

みそ味ベースのだし汁に

白菜や、にんじん、かぼちゃなど

たっぷりの野菜 とあぶらあげなど

具沢山です。

f:id:sikanosuke6:20210213150544p:plain

 

わたしはこれまでの人生で1度か2度、食したことがあるような……無いような。

食べたとすれば、みそ味でもなく、具材もかぼちゃではなかったと思いますが。

 

で、このほうとう、ふいに食べたくなり買ってみました。

f:id:sikanosuke6:20210213152737j:plain

ちょっと写し方が寸足らずですが(^^;) 

 

自分で作るのはおそらく初めてで、ゆで時間などわからないので

とりあえず袋に書いてあるレシピを見てみました。

 

 

《お召し上がり方》3人前

大きめの鍋にだし汁……どうやらゆでずにそのまま煮込むらしい。

 

改めて

大きめの鍋に

だし汁……20ℓ以上 

 

はっ?

だし汁、に、にじゅうリットル~ぅ⁈

 

いや、

20リットルって……???

大きめの鍋にって書いてあるけど

どんだけの大きさの鍋必要?

芋煮会でもあるまいし。

 

一般家庭で20リットルのお湯を沸かす鍋

そうそうないでしょ⁈

 

てか、3人前ですよ?

 

たった3人前の麺を煮込むのに20必要?

 

などとブツブツひとり言を言いながらも

自分流にしょうゆ味ベースでちょっぴり甘辛味にアレンジ。

具材はカボチャではなく、

 

大根、白菜、にんじん、鶏肉、長ネギ

などを入れ『ほうとう』完成。

 

しかしながら完成品の写真を撮るのを忘れました。

 

厚みのある、幅広な麺は食べ応えもあり

美味しかったです。

この日はまだ冬の気温だったので体の中から温まった気がしました。

 

で、そうは言ってもやっぱり気になっているのは

もちろんあれです。

 

大きめの鍋に水

20ℓ……(;一_一)

 

どうしても納得いかなくて後日、いろんな人に言いふらしてしまいました。

いかにもレシピ書きが間違っているかのように。

 

……ここにきて初めて気づきました!

f:id:sikanosuke6:20210221131114j:plain

あらまっ‼

よぉ~~~~~~~く見たら2.0ℓ

小数点が付いてるじゃないですか!

 

なんてこった!

 

なにを隠そう、わたくし主婦鹿之助は

今回この20ℓをネタに天下を取ったような気になってせっせと記事を書いていたのです。

そう、ついさっきまで

本当は2.0ℓであったこと、ちゃんと少数点が刻まれていたことに気づかなかったのです。

 

写真の貼り付けをして初めて

え?

2テンゼロ? 

 

写真は拡大して貼り付けています。

袋に印刷されていた文字はもう少し小さかったのです。

だから20にしか見えなかったのです。

しかもふつう、2リットルをわざわざ2,0ℓって(,0)表記する? って話ですよ。

2ℓって書くでしょ。

 

と、言い訳をする鹿之助、いつものことです。

けっきょく

 

小数点が見えなかった私の視力に問題があったということで

 

う・う・う・せつない( ;∀;)

 

大鍋よりメガネが必要だったという単純なお話でした。

 

でも 

ほうとう

なんだかハマりそう(*´▽`*)

 三寒四温のこの時期、まだまだいけそう。お試しあれ

 

 

【ふるさと納税】 郷土料理 ほうとう 山梨 生ほうとう 武田信玄 4人前 2人前×2 k038-004 送料無料

価格:3,000円
(2021/2/25 07:27時点)
感想(67件)

【山梨 お土産 ほうとう】ほうとう 平袋 3人前×2袋セット 山梨の伝統的郷土料理「ほうとう」。富士山の湧水で丹念に練り上げた手打ち風の商品です。ご当地麺 ほうとう 郷土料理 富士山 お土産

価格:1,188円
(2021/2/25 07:38時点)
感想(0件)

ブログランキング参加しています

クリックお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

 
つぶやきランキング

 お立ち寄り、ありがとうございました。

なぞの足あと・・・?

とつぜんですが、この写真、何か違和感ありませんか?

 

f:id:sikanosuke6:20210109111131j:plain

 

 

こんにちは、鹿之助です。

 

正月早々不思議なものに出会いました。

 

なぞの足あとです。

 

 

畑だったところの跡地なんですが、

向こうに見える民家や道からは……あんなかんじ。

 

f:id:sikanosuke6:20210109110631j:plain

かなり距離があります。

撮影した私の足元からも離れています。

 

f:id:sikanosuke6:20210114071812j:plain

私の立ち位置より低い、1mくらいの高低差があります。

よほどのアスリートでない限り、ここから一歩であの足あとの地点に着地し、片足立ちを維持するなんてことはとてもできないでしょう。

 

仮にできたとして、その後が気になります。

 

わりと大きい足あとです。

写した足あと(たぶん)を拡大してみました。

f:id:sikanosuke6:20210109111146j:plain

……足あと??? っぽいけど(ーー;)

でなきゃなんなんだ? ということになります。

 

では、この人はいったいどこからきてどこに行ったのでしょう???????

 

 

初めはそれほど気にしていなかったのですが、

 

ふと考えたら

 

?????ん?

 

足あと?

 

え?

人間の?

 

片足だけ?

 

やけにとんでもない位置

 

この人……なのかこの……動物? 妖怪?? はどこから来たんだ?

 

速効でスマホでパシャ!

 

こどもたちにLINEで送ってみたら

「一つ目小僧?」

などと言いよりましたが

   f:id:sikanosuke6:20210111060726j:plain

違うと思います(ーー;) 

 

 

物理的に考えてみました。

 

モノが落ちた跡ならその、モノがそこにあるはずです。

ありません。

 

だれかがそれを拾いに行ったとしたらそのだれかの足あともあるはずです。

ありません。

 

カラスがくわえて飛んでったならカラスの足あともあるはずです。

ありません。

 

おっ⁈

ここにきて新たな発見!

 

周囲にネコの足のような跡が残されています。

f:id:sikanosuke6:20210111064859j:plain

「アタシ知らないわよ~~、眠いんだから邪魔しないで」

 

しかし、

あれだけの跡が残るということは

それなりの重さがあるはずです。

 

ネコなら重くて引きずった跡があるはずです。

ありません。

 

判明しました。

やはりあれは

 

なぞの足あと……だったのです!

 

 

 

鹿之助は思います。

たかが足あと(たぶん)ひとつで

こんなしょうもない記事を書くより

もっとましなことは書けないのかと(ーー;)

 

もっと世の中のためになるようなネタ

見つけられないのかと

 

しかし、ひょっとしたらあの足あとみたいなやつが

世紀の大発見にならないとも限らない

f:id:sikanosuke6:20210122112145j:plain

世の中にはどこに何が転がっているか分からない。

 

世の先人たちは

そうやって何気ないちょっとしたことからヒントを得てすばらしい功績を残した!

……ちょっと次元が違うかも……

 

しかし 『なぞ』 と言うのは妙に好奇心があおられます。

ついついその真相を暴きたくなります。

 

裏を返せば

なんでも首を突っ込みたくなる……が、

都合が悪くなりそうなことには一目散に逃げだす鹿之助であります。

 

し、しまった‼

足あとを残してしまった!

 

え?

  f:id:sikanosuke6:20210109111131j:plain

あれはわたしの足あと?????

 

どうやらなぞが解明したということで今日はこの辺で……。

 

んなバカな(^^;)

 

あの足あと、どなたか推測できるかたいらっしゃいますかしら?

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

くだらないおしゃべりにお付き合いくださいましてありがとうございました。 

主婦鹿之助でした。

f:id:sikanosuke6:20210122125353j:plain

 


人気ブログランキング

ポチッと足あと(クリック)を残していただけたら

 


つぶやきランキング

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

コロナ禍の中での『会』という漢字

(注:下記↓記事書き始め2020年12月30日)

 夕方からふり始めた雪。 

f:id:sikanosuke6:20201230220611j:plain

夜になって外はとても静かです。

きっと雪が静かに静かに

黙ってふり積もっていることでしょう。 

 

 

鹿之助です。

 

ことし(2020年)最後の投稿……のつもりが……。

 

f:id:sikanosuke6:20201230124647j:plain

 

やがて終わりを迎える令和2年。

大雪の予報が出たせいか、はたまたコロナのせいか

出歩く人はほとんどいません。

 

コロナに翻弄された、そんな一年でしたね。

 

 

わたくし事においては、義母が11月に他界しました。

けれどもその葬儀にさえ

義母の内孫である我が子たちは

コロナ感染拡大防止のため

帰省することができませんでした。

 

こどもたちはみな県外に居るにもかかわらず

 「ちょっとでいいから、おばあちゃんの最後の顔だけ見たらすぐにとんぼ返りでこっちに戻るから、夜コソっとでも帰っちゃだめ?」

 

そんなふうなことを言ってくれていました。

しかしそこは会いたくても、会わせてあげたくても

お互い我慢でした。

 

そして世間にはコロナによって

もっとつらい別れや我慢を強いられている人がたくさんいます。

 

いろいろなことに影響を及ぼした新型コロナウイルス

それもまだまだ続きそうな気配です。

 

それどころか、更に感染は拡大してきて

留まるところを知らないのではといった勢い

 

この先いったいどうなるんだろう?

  f:id:sikanosuke6:20200713203923j:plain

 

 

令和2年を表す今年の漢字『密』だったようですが

私としては

『会』

という一文字が浮かびました。

 

   会合はダメ

    リモート形式の会議面会

 会いたい人に会えない

 会うということの意味の重み

 

そんなことを様々な形で意識した一年だったような気がして

『会』

という文字が見えました。

 

(過去記事にも「会う」ということについて書いています)

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 

あ~~~~~ダメだ!

こんな真面目くさった文章ちっとも面白くない!

 

鹿之助は笑いが欲しいんじゃ!

グダグダしとる間に2020年が幕を閉じちまうよぉ~~~~~💦

 

 

ま、年が明けたって別に捕って喰われるわけでもないし

どうしても今年の内に書き上げなきゃダメっていう法律があるわけじゃなし

 

うん、でもやっぱりひとつのけじめをつけておきたい気がする。

 

一年の終わりに何かしらの思いを書き記す……

 

がこれかい⁉(;''∀'')

 

まあよいわ(ーー;)

 

なんてことをぬかしておったら

 

ありゃま‼

 

2021年になっちまっただよぉ~~~💦

グダグダしてる間に2020年が幕を閉じちまっただよ~~~~~💦

 

にっくきコロナは会いたい人にも会わせず令和3年も居座るつもりなのか?

まだまだ医療従事者を苦しめるつもりなのか?

  f:id:sikanosuke6:20210101101756j:plain

 

 

おうち時間が増えて家庭を顧みる機会になったとか

家族との絆が深まったとか

たしかにそういった良い兆しもあったけど

 

誹謗、中傷、風評被害、差別

納得いかないそういうハラスメントが出現して

 

なんでかなぁ? 

なんで理解できないのかなぁ?

自分や自分の身うちがその標的になりうることだって大いにあるのに

 

そんな腑に落ちない社会状況まで作ってしまった

コロナ! あんただよ!

さっさと消えてくれないかな

 

みんな会いたくないよ、コロナ、あんたには!

sikanosuke6.hatenablog.com

2021年 オリンピックイヤー

世界中の人が笑顔で会える日常になっているといいな

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 令和3年元旦

   

f:id:sikanosuke6:20210101112802j:plain

ときおり思い出したように

雪がちらつきます。

 

元旦早々あまり明るくない記事ですみません。

 

こんな頭の中がちんぷんかんの鹿之助ですが

本年もよろしくお願いします。  

 

ここをポチッとしてみる? 


人気ブログランキング

 


つぶやきランキング

 

お久しぶりの『現代版 嫁姑シリーズ』 番外編 

 

「汁が! 汁が煮詰まっちゃう!」

 

鹿之助です。

   f:id:sikanosuke6:20191007071017j:plain


 

 

嫁いだ娘と先日、電話で話していた際、娘が

「あ、ゆみちゃんが帰ってきた!」と言った。

 

ゆみちゃんというのは娘のお姑さんである。

 

「ゆみちゃんと話しする? 電話代わるよ?」

 

台所でスマホを片手に、お鍋を火にかけながら

「えっ? ゆみちゃん?♡ (*''▽'') じゃちょっとだけ」

 

 

わたし「もしもしぃ~♡」

 

ゆみちゃん「あっら~、ちいままちゃ~ん

 

わたし「あ~‼ 汁がぁ! 汁が煮詰まっちゃうー‼💦」

 

ゆみちゃん「鹿子(仮名)! 鹿子! どした⁈ だいじょうぶか?

 

わたし「汁が! 汁の味がぁ濃くなるぅ~! 水いれるか?」

 

ゆみちゃん「 鹿子、だいじょうぶか? 汁、薄めるんやで!」

 

f:id:sikanosuke6:20201125222526j:plain

ゆみちゃん「鹿子、水、水入れたか?」 

 

…………(ーー;) いったいなんの電話や⁈

 

 

実はこのとき、本来なら粛々としたシーンで、厳粛な挨拶をする場面だった……にもかかわらず、

こんなことじゃん!(^▽^;)

 

これが現代版 『の関係』なのだ( ̄▽ ̄)♪

 

 

これを普通版にアレンジするとどうなるか

 

《昭和バージョン》

娘「あ、お義母さんが帰ってこられた。電話かわろうか?」

 

わたし「え?(-_-;) あぁ、そ、そうね、ご挨拶しとかなきゃね」

 

わたし「もしもし、まあ、おかあさん、お久しぶりです」

 

ゆみちゃん「あらまぁ、こちらこそご無沙汰いたしております」

 

わたし「この度はなんちゃらかんちゃらでありがとうございました」

 

ゆみちゃん「いえいえ、とんでもございません。ごていねいにどうも……」

 

みたいな?

 

まちがっても

「汁が―――ッ‼」とか

「鹿子! だいじょうぶかぁ⁈」

てなことにはなるまい。

 

 

ここだけの話

わが家の近所には

この令和の時代にもなお

スゴイお姑さんが健在だ。

 

お嫁さんがきれいに掃除をした後に

ゴミを見つけて拾って歩くという

あな怖ろしや(◎_◎;)

 

このお姑さん、80代後半、90が近い。

お嫁さん、50代後半~60代前半くらいだろうか。

まだまだお姑さんの権威健在!

 

 

きっとそこのお嫁さんは毎日針のむしろに座っているような思いをしておられるんじゃなかろかと

要らぬ心配をする鹿之助であった。

 

それよりも、

今日はついに

 

鍋の中の油揚げが焦げ付いてしまった( ;∀;)

汁が煮詰まるどころの話ではなくなった!

昭和のお姑さんが居たらチクチク嫌味を言われるのだろうか?

 

が、しかし

焦げ付いた油揚げ

f:id:sikanosuke6:20201126074132j:plain

これはこれで味に深みが出て(?)旨い……?

お世辞にも旨そうとは言えない。。。

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

焦げ付きひどかったら処分しましょう(^^;) 

 

 


人気ブログランキング


つぶやきランキング

 

 

 

「龍雲」で根拠はなくてもポジティブになれる話

鹿之助です。

f:id:sikanosuke6:20201030072001j:plain

(輝いているススキに見とれてパシャっと撮っちゃいました)

 

もう少し前までは、まだススキがあんなに綺麗だったのに

 

もう晩秋から初冬へと季節は移り替わろうとしています。

 

f:id:sikanosuke6:20201113041534j:plain

松江市郊外の早朝)

 

旧暦の神在月(出雲地方のみ)、他県では神無月になりました。

そして今夜(11月15日)は新月です。

願い事は新月にするのが叶いやすいとか。

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 

なんかいいことあるといいなぁ~。

 

この秋はずいぶん空を見上げました。  

f:id:sikanosuke6:20201008103021j:plain

(島根 月山富田城跡付近遠景)

 

で、

なんで見るのか?

 

探しているんです、龍を。

 

 

 

えぇ、龍です(^▽^;) いるんですよこれが、結構。

 

 

こじつけに思えるかもしれないけれど、

たとえばあの冒頭の写真

 

あの雲

 

おめでとうございます♪ 

龍に見えた人!

運がいいです……

 

何をどう見たら龍なんじゃい?

 

と、ボヤかれる方がほとんどでござりましょう。

まぁまぁまぁまぁ、

 

それはお気の毒でございます。

 

龍には見えないとおっしゃる、そんなア~タ、

運をみすみす遠ざけてしまうかも……よ(◎o◎)!?

 

  f:id:sikanosuke6:20201030070841j:plain

たとえばこんな↑感じ?

ギャハハ~~~(≧▽≦) かなり無理があるぅ~!

てか、ギャグじゃん!(^▽^;)

 

 

 

最近本屋さんへ行くと

並んでいます、龍雲や龍神に関するスピリチュアルなタイトルの本が!

 

ブームなんですかしらねぇ?

 

なんとなく気になったりして

手に取ってパラパラめくってみたくなります。

 

なんか、幸運を招くとか、

開運をもたらすとか言われていますよね。

 

龍のカタチの雲や、鳳凰麒麟など、

f:id:sikanosuke6:20201008154824j:plain

ちなみにこれは麒麟だそうです……(ーー;) ま、まぁ……💧

 

それらのカタチに見える雲を見つけると良いことがあるという

 

そんなお話、聞いたことある方も多いと思います。

 

そういう本が書店にたくさん並んでいるのです。 

 

 

驚くなかれ!

中には龍神さまがやってきた」とか、

「龍使いになりました」なんてことが書かれている本もあったりで

……(@_@;)

 

龍神さまがやってきたって……ん~~~???

龍使いになった??? 

どゆこと?

 

 

ま、それは置いといて。 

 

 

龍の雲に限らず、朝焼けの雲や、

夕暮れ時の雲、幻想的です。

 

龍のカタチに見える雲は比較的見つけやすいんですが
鳳凰とか、麒麟

 

百歩譲って鳳凰に見ようと思えば見える(どう見てもダチョウじゃね? みたいな)のもあるけれど

……いや、これすらなかなかないですが……麒麟って(◎_◎;)

 

でもね、龍ってのも龍と言えば龍にも見えるけど

単純なカタチだと

ん? ヘビ? ミミズ? ってなもんで、

 

やっぱ見方というか、気分の問題でしょうか?

はたまたネッシーなんかにも見えたりして。

 

(あ、ネッシーを知らない世代の方もいらっしゃる(ーー;)……)

すでに恐竜と変わらない気もするんですが。

 

  f:id:sikanosuke6:20201029163509j:plain

ブラキオサウルス君です。

え? キモイ? 怖い?

じゃあこれは?

f:id:sikanosuke6:20201029162841j:plain

び、微妙?

ブロントサウルスくん(たぶん)のキーホルダーだったやつです(^^;)

かわゆいでしょ?  ちょこっとお顔がピンボケですが。

 

んなことはどうでも良いです。

 

 

肝心なのは

龍雲を見たという自己満足で

幸せな気分に浸れることが大事なのです。

 

なんか不思議と安心感が芽生えるのですよ、これが。

 

なにか心配事や不安を抱えているとき、

龍に似た形の雲を発見して、おもわず

「やった! きっとなんとかなる!」

「だいじょうぶ! うまくいく」

などと根拠もなく自分に言い聞かせたりしてるんです。

 

そうしているとホントに何とかなるような気がしてくるから不思議です。

 

なんかそれだけで少し気が楽になるんです。

 

そんなことで世の中の問題が解決するならだれも苦労しないんですけどね。

 

でも気の持ちようでずいぶん精神的に差が出ます

その、気が楽になってホッとした時、

自分の波動が良いふうに上がってくるんですよね。

自分では分からないけれど上昇してるんです。

 

そうすることで不調だった事柄から

こんどは良きことにシフトチェンジできるエネルギーに変わっていくんです。

 

だから、

たかが雲、されど雲!

 

そして良い言葉を口癖にするのも大事

やっぱりなんだかポジティブになれます。

すると心配していた物事も

気付けばなんとかなっていたりすることもありました。

 

 

 

さあ、もう少しだけ小春日和もありそうです。

外に出て空を眺めてみませんか?

 

ブロントサウルスの

ちがった!

龍の雲が見つかるかもしれません(^_-)-☆

  f:id:sikanosuke6:20201113054739j:plain

 

f:id:sikanosuke6:20201115232947j:plain

(自宅付近に現れ出でたる龍雲)

 

間もなく冬空がやってきます。 

f:id:sikanosuke6:20201113041705j:plain

美しい秋の空を今しばらく楽しもうと思います。

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 sikanosuke6.hatenablog.com

 sikanosuke6.hatenablog.com

 

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 


人気ブログランキング

 


つぶやきランキング

 

 

動かない鳥『ハシビロコウ』のち、『バカボンのパパ』時々『家政婦は見た』になるじぃちゃん

 神々の出雲の国 島根の主婦 鹿之助です。

        

 だんだんと出雲が恋しくなる時期が近づいてきました。

f:id:sikanosuke6:20191107071507j:plain

 (出雲大社拝殿 大しめ縄)

わたくし、出雲の鹿之助と名乗っていますが、

正確には、島根県は出雲部と石見(いわみ)部、

そして隠岐の3つの地域に分かれており、

わたくしめは出雲部に生息する生き物です。

出雲市で息をひそめて潜んでいるというわけではありません。

 

ですが、出雲は、とても好きというか、

私にとって魂が喜ぶ地なのです。

 

それゆえ、時おり発作的に出雲が恋しくなるのであります。

きっとなにがしかの神々さま方のパワーをいただきたくなるのやもしれませぬ。

 

なぜゆえパワーをいただきたいのか

これには深い深~~~いわけが……(◎_◎;)

 

 

 

前置きはこのくらいにして

 

とつぜんですが 

ハシビロコウ』ってご存じですか?

 

えぇ、えぇ、

あの、そうとうな時間

全く動きのない鳥です。

f:id:sikanosuke6:20200925050109j:plain

(あの~~~~申し上げにくいんですが、こ、怖いです、あなた)

 

実は、ここだけのはなし、我が家のじいちゃん、

なっちゃうんですよ、ハシビロコウに……(;''∀'')

 

そう言やぁ前の職場で、ハシビロコウに容姿も生態(⁈)もそっくりなご婦人に出会いました……あ、失礼しました(;'∀')

高齢になるとそういう人、増えるんでしょうかしらねぇ?

 

うちのじいちゃんも

ふと止まっちゃって

あらゆる場面でふいに、フリーズちゃうんです。

ど、ど、どすたの? 

 

 

ハシビロコウの場合、なんで動かないか?

 

実は、餌になる魚を狙っているためだそうです。

その魚が呼吸をするために水面に浮上してくるのを

じ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと、待っているんだそうです。

 

生命を維持するために動かない……

ん~~~人間は生命を維持するためには動かないわけにはいかないことの方が多いですが……。

 

動かなくて生命を維持できるなら……いや、

じっとしている方が辛いですよね(^_^;) 

 

じいちゃんの場合はなんなんだ? ってはなしです。

 

ハシビロコウって日本では8つの動物園でしかお目にかかれないそうで、

しかも生息する彼らの数、全部でわずか13羽(2020年8月時点)だそうです。

 

 ハシビロコウを見られる日本の動物園

  (上記情報に誤りがあればお許しください )

 

あ、話が逸れました。 

 

で、うちのじいちゃん、

別に生命を維持するために動かないわけじゃないんですが、

時間が止まっちゃうんですね、数十秒。

 

その間、何を考えているのやら……何も考えてはいません、たぶん^^;

餌、失礼、ご飯のことでも考えていらっしゃるのでしょうか?

言っておきます。

じっとしているだけではご飯は出てきません。

 

 

そしてそのご飯(夕食)が終わるや否や、彼は何をするか!?

そそくさと布団を敷き始めます。

時刻はだいたい午後7時前(◎_◎;)

 

このときです! 

彼がバカボンのパパになるのは!

 

おもむろにハチマキをするんです! バカボンのパパみたいに。

しかもタオルで。

どんだけ気合入れてるっちゅうの?

意味わからん。。。

 

f:id:sikanosuke6:20200930073042j:plain

ついでに言うと、

ダイニングキッチン (そんなこじゃれた言い回しが似つかわしくない昭和レトロな空間)と、

じいちゃんが寝る部屋は隣なんですが、

 

じいちゃんは食事になると必ず自分の部屋を出るときスリッパを

持ってくるんです。

 

で、テーブルに着くとスリッパを履き、

ご飯を食べる。

 

ご飯が終わると

スリッパを脱いで手に持って移動し、自分の部屋の入口前に置く。

じいちゃんの座っていた席からその距離1メートルちょっと。

ん~~~~、謎だ!

 

 

そしてとどめは

『家政婦は見た』|д゚)

に、なる(◎_◎;)

 

む、何か殺気を感じる、と思ってチラ見すると

じいちゃんが物陰からこっそりこちらを見ている(*_*;

これも結構な頻度で(ーー;) 

いったいなんなのよ―――――――ッ

 

 

 

    《教訓》

高齢者は広い心で温かく見守ってあげましょう。

いずれみんな ハシビロコウ や、「家政婦は見た」 

みたいになるのやも知れませんから

そこのあなたも、ね♪

なるんですよ、いずれ・・・ふっふっふっ(^_^;)

……絶対になりたくないと思う鹿之助にもその資質は大いにあり(◎_◎;)⁉💦

 

 

いやいやいや、あってたまるか!

いやじゃ、いやじゃ! あ~~~💦なりたくなぁ~い!

 

 

今日も1メートルの距離をスリッパを片手に移動するわが家のじいちゃんであります。

   (動くだけマシか(ーー;) )     ※認知症ではありません

 


毎日がそんなこんなで

やっぱ出雲の神様にパワーをもらった方がモヤモヤがなくなりそうな神々の出雲の国の主婦鹿之助でした。

 

  f:id:sikanosuke6:20191108233414j:plain

  (出雲大社のマスコット?)
 

誰のためにもならないお話、今日はここまで!

お付き合いありがとうございました。

 

sikanosuke6.hatenablog.comある意味、じいちゃんもこの部類に入るかも?

sikanosuke6.hatenablog.com

sikanosuke6.hatenablog.com

人生をいろいろ考えてここをポチッとしていただけたら救われます 


人気ブログランキング

 
つぶやきランキング

 


 

 

待望のブログ時間 

神々の出雲の国、島根から

とてもとてもお久しぶりな鹿之助です。

  f:id:sikanosuke6:20200608161753j:plain

3か月以上のご無沙汰です。

 

 

この3か月間、毎日のように早くここに戻ってきたいとばかり思っていたのに

ズルズルと時間ばかり見送ってしまいました。

 

生活の形態というか、

状況が少し変わったことに加え、

パソコンの調子も悪くなり、一時期全く反応しなくなりました。

パソコンの方は修理に出してなんとか息を吹き返しました。

 

ただ、生活形態が変わったことに関しては、

やはりブログに向き合う時間に

今でも大きく影響 を及ぼしています。

 

 

日々、あたり前に時が流れていく中で、

自分がその時々に一番やりたいこと、

それが後回しになっているのは正直つらいです。

 

つまりは自分の本音以外を優先している、ということでしょうか。

 

そして1日のうちのわずかな残された時間だけが自分時間であるのかもしれません。 

自分時間=自由?

 

それさえも周囲のことを気にしながら過ごすので 

結果、やっぱり自分以外のことに常に囚われている

ということなんですよね。

 

 

自由なようでいて自由でなく 

 

では自分の今の環境は自由ではないのかと言えば、

それもちがうような気もします。

 

贅沢なグチです。

 

傍からみるとじゅうぶん自由と言えるだろうなと思います。

 

結局、自分のとらえ方なんでしょうね。

 

  

f:id:sikanosuke6:20200917224517j:plain



よく言われる、「まだこれだけある」ととらえるか、「もうこれしかない」ととらえるか、要はそれと同じです。

 

 

小学生の時、自習時間に作文を書くように言われました。

テーマは自由だと先生が言われて、

級友たちは喜んでいました。

 

テーマが決められていると、

どうやら書きにくいようです。

 

あなたなら何について書きます?

 

わたしはその頃からあまのじゃくだったのでしょうか、

それとも冷めていたのでしょうか?

 

わたしが決めた作文のタイトルは

 

『自由』 でした。

 

なんせ、先生は

「作文の題は自由だ」とおっしゃったのですから、

ここはやはりその意図はまさしく

題 (タイトル) は 『自由』と受け止めるべきだ! と、変に大人ぶってしまったのを覚えています。

 

人から、あるいは家族から

何か言われたわけでもないのにいつも顔色をうかがいながら

それでも尚、こっそり好き勝手をしている。

いい人を演じようとしながらも自分勝手に生きている、

そんな自分がいます。

f:id:sikanosuke6:20191122141916j:plain

f:id:sikanosuke6:20191122141825j:plain

 

ほんとうに自由に何物にもとらわれずに

この時間を有したいと

やっぱり贅沢なことを思う鹿之助です。

 

 

 

コンスタントに記事更新できるようになるにはもうしばらく日数がかかりそうです。

 

それでも私はブログを書くことをやめるという選択肢は微塵もありません。

 

今日は久しぶりなので、ごあいさつ程度にしますね。

忘れられそうなので、さすがにまだ居ますよ~ってアピールしておかないと

ホントに忘れられそうで……。

  f:id:sikanosuke6:20200322232107j:plain

次回はぜひ

「鹿之助がまたくだらない事書いとるわい」

くらいの笑ってもらえるような記事書きたいです。

それまで気長に待っていただけると嬉しいです。

 

ご無沙汰のごあいさつでした。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

              by鹿之助

 

 

 

sikanosuke6.hatenablog.com

  

sikanosuke6.hatenablog.com

 

久しぶりにポチッとしていただけると大喜びします♡ 


人気ブログランキング


つぶやきランキング

出雲の国からブログを通じて出会った皆様にお勧め 

とろける口どけ【出雲抹茶ショコラテリーヌ】 ~出雲抹茶専門店 桃翠園~